何もかもいい思い出しかない国ニュージーランド

1991年初冬にでニュージーランドに行きました。はじめヨーロッパに行く予定でしたが、夫が体調を崩してキャンセルしました。
しかし、どうしても記念にと思い、式も近く忙しい中旅行会社を歩き回って目に留まったのが、豊富な自然を全面に打ち出したニュージーランドのパンフレットでした。

事前の予備知識もなく、ほとんど衝動的に即決しました。欧米と比べて時差はそんなに気にならなく、
北半球が冬であれば反対にいい季節を迎えることから、結構人気で満席でした。
周りはほとんど新婚さんばかりで、自分たちもノロケていました。訪れたのは、クライストチャーチ、クイーンズタウン、オークランドでした。

降り立ったクライストチャーチはあいにく雨ですごく肌寒い日でした。
ここは、本当に街並みが綺麗で一軒一軒の宅地もすごく余裕があり、とにかく庭が美しいです。
市民も競うように庭造りに力を入れています。ゴミなど全くなく中世のイギリスの街を彷彿とせる、思い出深い滞在でした。
クイーンズタウンも自然をそのまま残し、人が多くてやたら売店が並んでいるような、そこらの観光地とは全く違います。
人口も少なく皆温厚でいい思いでしかありません。また行きたいと思います。